インタビュー with

山井 亮輔

Yamai Ryosuke
所属先:工務課 工務係
入社年度:2009年
県内就職を希望しているなかで、当時の進路指導の先生から『都市ガス会社は、仕事的にも将来的にも安定している』とのご推薦があり、校内の求人情報で九州ガスの条件を確認したところ休日・賞与・昇給制度等もよかったこともあり、第一希望として九州ガスを志願しました。
工場設備の定期点検や点検報告資料作成、プラント設備等の定修工事計画に必要な業者打合せや見積依頼を担当しています。また、ガスの受入れからお客さまのご自宅までの供給までの間で、圧力が正常か・熱量が規定値以内に収まっているか・ガスの成分に異常はないかなどガスの品質管理にも携わっています。

小学生の頃からサッカーなどしていましたが、元々興味があったダンスを友人がしていて、休み時間や放課後などに教えてもらっているうちにブレイクダンスに没頭する毎日を過ごしていました。社会人になっても九州の大会に出場してチーム・ソロでも優勝を何度か経験しました。また、3年前には世界バトルの切符が掛かった大会で、日本代表は逃しましたが九州代表として東京で行われた全国大会でバトルしました。

ダンスの練習をすることは減りましたが、その当時のメンバーとよく集まります。メンバーも年齢を重ねそれぞれの家庭を築き、家族ぐるみでよく遊ぶことが多くなりました。バーベキューやキャンプなどアウトドアな休日ライフを過ごしています。最近ではDIYにも挑戦していて、ウッドデッキやテーブル・椅子など自分で作れそうなものはチャレンジしています。いまは、小屋づくりに挑んでいます。
ガス全般を管理しているデータ上の数値や波長の異常や、ガスが配管を流れている時の異音や機械音の違いに気付けることに神経を使っています。季節や天候また気温・湿度等によって数値は日々変化しますので、常に『疑いの目』をもつことを習慣づけています。まだまだ、上司からのアドバイスで気づかされる点もあり勉強の日々ですが、供給支障を起こさないように、気づきからの仮説と改善を繰り返しながら、お客さまへ都市ガスを安定供給できるよう努めています。

都市ガス事業に携わるにあたり「ガス主任技術者」資格が必要とされています。その資格を入社2年目にして取得できたことが印象深いです。合格の際は、会社からお祝い金もいただき、今でも給料とは別に手当として毎月一定の金額が支給されます。この資格は『甲種・乙種・丙種』とあり、いつかは一番上の『甲種』の資格取得に向けて勉強を続けています。

いま所属している現場は、責任感と使命感を強く持ったメンバーと一緒に仕事ができる職場です。失敗は誰にでもありますし、失敗をしない人はいないと思います。困ったときや壁にぶつかったときはお互い様です。助け合いの精神でチームワークを大切にし、失敗を糧に何事にもポジティブに取り組める方達と、私も仕事を通して一緒に成長させてください!!