インタビュー with

板平大輝

Itahira Daiki
所属先:営業課 営業係
入社年度:2019年

地元で貢献できる会社に勤めたいと思っていました。
高校時代に個人で問合せをして、九州ガスの工場見学の機会いただき、『お客さまへの向き合い方』『ライフライン必要性』『会社の取り組み』『一生懸命な姿勢』など、やりがいがあると思い入社を志願しました。

お客様のガス器具の修理業務を担当しております。コンロや給湯器などの点火不良、燃焼不良のお申し出を受けて、直ぐに復旧できるように心がけながら業務に努めています。また、今年から任された定期保安調査も、ガス機器を安全に使用していただくための調査・周知を行っています。もし、不備があった場合には機器・器具交換の提案や、警報器設置ご案内など行い、よりよいガスライフをおくってもらいたいと心がけています。

学生時代は柔道に捧げた日々を送っていました。毎日の練習や、朝早くからの練習も休むことなく継続して取り組みました。その結果、地域の大会で優勝することも出来ましたし、金鷲旗へ出場することも出来ました。

休みの時は、家で映画鑑賞をすることが多いですが、高校時代の監督からお声掛けをいただき、母校の現役高校生と一緒に汗をかいてリフレッシュしています。わたしは体が資本ですから、体を動かすことは大事にしています。

お客様に寄り添うことです。エリア的にご高齢のお客様を担当することが多く、挨拶は明るく元気に、会話は、はきはきとした口調でお話しすることを心がけています。また、清潔感のある身だしなみも心がけています。

責任のある仕事を任されて常にチャレンジを求められるなかで、お見積もりをご提案すること日々苦戦しておりますが、今年行われました春の生活応援セールで、お客様へ機器のご提案をする機会があり、ビルトインコンロのリッセを販売できたことです。お声掛けから接客を行い実際に販売できたことは自信になりました。

私が大事だと思うことは身近な人、仲間を大切にできることです。私がいま働いている職場はチャレンジできる環境と、困ったときに相談できる先輩がいます。日々顔を合わす人たちへの感謝の気持ちと、気持ちよく仕事に取組む姿勢を念頭に考えながらも切磋琢磨できる職場環境ですから、社会人として成長したいと思う人と一緒に仕事をしたいです。
MENU