ガス機器のご案内

コージェネレーション

小型ガスコージェネレーションシステム

電気をつくる際の廃熱を有効利用できるコンパクトタイプのシステム。

都市ガスを使って発電し、同時に発生する廃熱を給湯などに利用するシステムです。

小型ガスコージェネレーションシステム(ジェネライト)には停電対応機もあり、停電が起きても、都市ガスが供給され続ける限り、発電し続けることができます。
ガスコージェネレーション

都市ガスを燃料として、必要な場所で電気をつくり、同時に発生する熱を冷房・暖房・給湯・蒸気などに利用できるシステムです。

東日本大震災以降、エネルギー供給のあり方が見直され、防災性の観点からもコージェネ等の分散型電源の役割が重視されています。そのため、国や自治体もコージェネ普及促進のためのさまざまな優遇策を打ち出しています。